家族みんなで通えるクリニック 内科・小児科専門医在籍 肝炎治療もおこないます
家族みんなで通えるクリニック 内科・小児科専門医在籍 肝炎治療もおこないます

内科

一般内科

多い症状や疾患

  • 生活習慣病(糖尿病、高血圧症、脂質異常症)
  • 発熱
  • せきが出る
  • 鼻水が出る
  • のどがかゆい、痛い、違和感がある
  • 体がだるい

来院のポイント

「あれ?」と、普段の自分と違う感じがしたらご相談を

何かしらの症状が出たら早めに医療機関を受診することが、病気の早期発見につながります。
来院のポイントは、普段の自分と違う感じがするかどうか。疲れによるものが多いのですが、まれに重い病気を抱えていることがあります。
疲れによるものであっても、日常生活のアドバイスや体調の整え方などをお伝えしています。

症状と病気の例

「何となく胃が重い感じがする」「胃がむかむかする」 ⇒ 胃がん、膵臓がん など
「食欲が少し落ちた」 ⇒ 胃がん、食道がん、肺炎、心不全 など

生活習慣病

病気の予防が開業医の役割 生活習慣病の治療に注力しています
私たちクリニックの役割は、患者さんを日常的にケアして病気を予防し、また病気を広く見つけて早期治療に導くことだと考えています。この考えのもと、生活習慣病は当院が力を入れている分野の一つ。生活習慣病は日ごろから長期にわたって体の状態をコントロールしていく必要があり、また進行すると、脳梗塞や心筋梗塞など命が危ぶまれる重い病気が発症するリスクが高まるからです。

生活習慣病とは

「生活習慣病」とはその名の通り、食事や運動、休養、喫煙などの生活習慣が発症や進行の原因となる病気です。以前は成人病と呼ばれていました。代表的な生活習慣病として、糖尿病、高血圧症、脂質異常症の3つがあります。

 

進行することで、命に危険が及ぶ怖い病気
生活習慣病が進行すると、ときに命に関わることがあります。動脈の中にコレステロールや中性脂肪がたまることで動脈の弾力が失われ、血液が流れにくくなる「動脈硬化」が起きます。この動脈硬化が進むと、血液がつまって、心臓の筋肉や脳に酸素や栄養が届かなくなり、脳梗塞や心筋梗塞が発症。ときに死亡することもあります。
動脈硬化には自覚症状がありませんから、生活習慣病は「沈黙の病気―サイレントキラー」と呼ばれるのです。定期的に健康診断を受けて、医師のアドバイスを受けるようにしましょう。

当院の治療コンセプト

小さな成功体験を増やして、徐々に改善していきましょう
生活習慣病の治療は「食事」「運動」「投薬」の3本柱です。食事や運動は患者さんの仕事やご家庭の事情もあるでしょうから、いきなり多くのことを改善させていくのは難しいもの。当院では、患者さんの生活背景を踏まえて、最初は無理のない範囲でできることをお伝えしています。小さな成功体験を積み重ねて、無理なく徐々に改善していきましょうね。

「ドクターの目」も生活習慣の中に入れてほしい
生活習慣病の治療は患者さんの主体性が問われるので、いかにモチベーションを継続させていくかが肝心。そのために、定期的に医療機関を受診して、専門家である「医師の目」を生活習慣に組み込むことをお勧めします。

当院では、ランナーの伴走者のように患者さんを盛り立てていくことを心がけています。それに、定期的に患者さんの体を診ることでその時々の異常を見つけやすくもなります。

食事、運動のワンポイントアドバイス

「一駅分歩く」「つまみを一品減らす」 ささやかな努力を
患者さんにもよりますが、食事面でアドバイスすることが多いのは、朝、昼、晩の3食をしっかり食べて、間食を減らすこと。塩分の多い漬物など、つまみを一品減らすだけも効果が見込めます。
また運動面では1日30分、ウォーキングやジョギングなどの軽い有酸素運動を。電車やバスによく乗る人であれば、一駅分・一停留所分前で降りてそこから歩くようにするなどを試してみてください。

「一駅分歩く」「つまみを一品減らす」 ささやかな努力を
生活習慣病の治療は「食事」「運動」「投薬」の3本柱です。食事や運動は患者さんの仕事やご家庭の事情もあるでしょうから、いきなり多くのことを改善させていくのは難しいもの。当院では、患者さんの生活背景を踏まえて、最初は無理のない範囲でできることをお伝えしています。小さな成功体験を積み重ねて、無理なく徐々に改善していきましょうね。

禁煙外来

まずは体験する気持ちで 失敗してもリトライできます
当院では禁煙外来を行っています。禁煙したい方を見ていると、「失敗できない」プレッシャーで、逆に禁煙から遠ざかっているように思われる人もいます。なぜ失敗したのかを考えてそれを生かしてリトライしてみてはいかがでしょうか。

健康診断

病気の早期発見のため定期受診を 結果を今後に生かすことが大切です
病気の早期発見と早期治療のために、健康診断を定期的に受けるようにしましょう。健康診断を受ける人は多いのですが、良くない結果を「そこまで悪くないから」と放置している方が多く見られます。例えば「C」判定であれば、それは今後、症状が悪化する途中のCかもしれません。早めに医師に相談して、対策を検討しましょう。

当院では江東区による健康診査・特定健診(肝炎ウイルス検査、大腸がん検診、前立腺がん検診)、入社時健診、入園時健診を行っています。
スムーズに診察をうけていただくため、お電話やホームページから予約を取ることをお勧めします。

健康診査

対象者 40歳~74歳
  • 対象者には「受診券(シール)」と問診表などが入ったご案内をお送りいたします。
    受診票の送付については、江東区保健所健康推進課健康づくり係(電話:03-3647-9487)まで、お問合せ願います。
受診方法
  • 下記のものをご準備の上、直接当院へお越しください。
    (お電話またはホームページから予約することもできます)
持参物
  • 受診券シール(はがさず台紙ごとお持ちください)
  • 質問票(事前にご記入ください)
  • 健康保険証
費用
  • 原則無料ですが、内容により一部負担金が発生する場合があります。
    また健診の結果、精密検査や治療が必要となった場合は保険診療(有料)となります。
健診内容
  • 原則として全員に実施する項目
    問診、腹囲測定、血圧、血液検査、尿検査、貧血検査、胸部X線、心電図など
    ※65歳以上の方の胸部X線検査は、法に基づく結核定期健康診断を兼ねています。

肝炎ウイルス検査

過去に肝炎ウイルス検査を受けたことがない方が対象です。
健康診査受診時に同時に受けることもできます。
なお、検査の結果、ウイルス性肝炎(B型肝炎、C型肝炎)と診断された場合、引き続き当院で肝臓専門医による治療を受けることが可能です。

大腸がん検診

受診券シール(はがさず台紙ごとお持ち下さい)をご持参のうえ、ご来院下さい。

前立腺がん検診

受診券シール(はがさず台紙ごとお持ち下さい)をご持参のうえ、ご来院下さい。

内科の診療時間

 日祝
9:00~12:00 - -
15:00~18:30 - - -

※受付:午前は11:45まで 午後は18:15まで
※土曜日の最終受付は12:00まで
※胃カメラ(経口内視鏡・経鼻内視鏡)は予約制です。

【休診日】木曜・土曜午後・日曜・祝日

インターネット予約はこちら お電話でも受け付けております TEL:03-6666-5133 内科 小児科 肝臓内科・消化器内科 予防接種 健康診断 自費診療

院BLOG ドクターズファイル KNOW-VPD!